ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産 - えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書の書評ブログ

えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書の書評ブログ ホーム » スポンサー広告 » ラテン語 » ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産

ラテン語にまつわる話の本.文法概説,ラテン語の歴史,ラテン語文学が主な内容.


ラテン語を学んでいなくても読み物として読むことができる.ただし,ラテン語から英語になった言葉に関する解説のあちこちで,著者の英語に対する見解がやや偏っているように感じるところがある.


ラテン語と英語の繋がりについては,「ラテン語のはなし-通読できるラテン語文法」のほうが参考になる.


ラテン語の世界
著者:小林 標
定価:860円(税別),実質ページ数:283,ページ当たりの値段:3.0円
新書


ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産 (中公新書) ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産 (中公新書)
(2006/02)
小林 標

商品詳細を見る


関連リンク

関連記事

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
英語学習ランキング みんなの英会話奮闘記 フィードメーター - えいじゅなすの本棚 - 英語,医学,投資の専門書...
track feed えいじゅなすの本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。